その他いろいろな理由をつけてはチマチマとタカり続けていたのだ。 これにはまわりの男たちもため息を禁じえなかった・・・