悪戦苦闘でどうにかトイレまでたどり着かせましたが当然その処理も手伝ってやっと落ち着きました。

その後、やっとお兄さんに電話が繋がり来てもらいました。
もう巨漢君の一人住まいは限界と判断し、
お兄さんの家で一緒に住んでもらうことを提案。
あとは兄弟の話し合いでしょう。
巨漢君はわがままだから一人暮らしを望んでますが、(暴飲暴食出来なくなるから)
いくら何でもその都度呼び出されるのはちょっと・・・。
巨漢君が住むとなるとお兄さんの家もリフォームしなくていけない。
すぐにとはいかないでしょうが一緒に暮らせるようになればいいんですけどね~。

とにかく個人的には何も出来ない散々な1日でした。